並行世界のメモ帳

並行世界の幽果がもの作りについて書くあれこれ。

今一度考えたイベントマナー

今回はイベントマナーについて私が思う事をちょこっと。
私は運営でもなければスタッフでもないのであくまでも出展者や来場者の目線で気になったことを書いているだけです。
私が述べている事がイベント主催者様が定めている決まりと言うわけではございませんのであしからず。

 

イベントマナーと聞いて、まず私が思い浮かべるのはコミケです。
禁止されている徹夜行為をする人などもちろんいますが、遊びに行って「さすがコミケ」と思ったことは多々あります。

それに対し、デザインフェスタやその他ハンドメイド、雑貨即売イベントはまだまだ改善の余地があるように思います。
「そことそこを比べるなこのオタクが」と言われそうですが、オタクでどちらも参加経験があるからこそ感じることがあります。
それは出展者側も来場者側も同じようにあります。

・並ぶ場所に気を付ける

商品を見たいブースが混んでいる時、お隣のブースの邪魔になるような並び方をしていませんか?
これ最初は気づかずにやってしまっている事が多いと思います、私も経験があります。
自分がお客さんでやらかしてしまった事もありますし、デザフェスなどで出展者の時にお隣のブースから人が入ってきた事もあります。
正直言えば「全然OK!」とは言えませんがお隣のブースが盛況でお会計待ちの時にちょっとこちらに入るくらいは気にしません。以前参加の時にお隣の出展者さんがお客様にその都度声をかけてくださっていて、逆に申し訳ないなと思ってしまった事もあります。
でもきっとそこで声をかけられたお客様は別のブースでは気を付けるようになるでしょうから、良い事だと思います。
私のような弱小出展者にはそのような経験ありませんが、もし自分のブースで同じ状況になったらきちんと声をかけたいと思います...ウルトラ小心者なんですけど。

 

・出展作家さんやその作品には丁寧に接する
これは出展していてなかなかに傷ついた出来事だったんですが、アーティズムに初めて出た時にブースを指さされ、「デザフェスに出てたやつじゃん」と言われました。

指をさされたのもそうですし、自分の作品を「~なやつ」呼ばわりされたのは悲しくもあり腹立たしくもありました。
別に悪口のつもりで言ったんじゃないにしても、指をさされるのは気持ちの良いものではないですよね。普通なんです、普段の生活の中で人にしないであろう事は、イベントでもしてはいけないんです。
お客さんに作品を乱暴に扱われた、同人誌を立ち読みした人がポイッと投げて置いていった、なども耳にした事があります。
幸い私のブースでそのような方と遭遇したことがありません、どの出展者さんもそうであれば良いのに...
もちろん、お子さんが手に取ってぺいっとするのは仕方ないと思っています、お母様が注意してくれますし。

 

・販売物の購入以外の目的での長居をしない

ハンドメイド系のイベントでよく目にするのが、作品に興味がないのに出展者と長話をする人。
もちろんお友達やイベントつながりの友人知人などの場合もありますが、そういう方々は接客の邪魔になるほど長居しませんよね。私の友人もお客さんだなと思えばさっと空けてくれます。
展示型のブースであれば作品について語り合う事がイベントの醍醐味ですが、販売メインのブースで長居するのはあまり好ましくないと思います。
それも、作品に興味を持っていろいろお話が広がる分にはとても良い事です。
もちろん、お話の末にお買い上げ頂かなくても何らかのつながりが持てたら嬉しいなぁ、と考えています。
が!
クリエイター同士やお客様としてでない「つながり」を求める人も少なからずいます、デザフェス行くとよく見かけます。
その話は今ここですべきでないし何より出展者さん困ってる!と言う場面。
出展者同士でも、「あの人あそこのブースの人じゃないっぽいけど10分おきくらいに顔出しちゃ喋っているけど迷惑そうにされてるなぁ」とか。
「そこはお隣のブースなのでもう少しこちらに寄ってください」とかなら声かけやすいけど、こういう場合みなさんどうやって対処してるんだろ。難しい問題だ......特に女の子だけのブースで上記のような人に居座られると困るだろうなぁ。
そういう時は思い切って一度ブースを無人にしても良いのかも。もちろん、「知人と待ち合わせなので」とか何とか都合をつけたり机上の商品を布で隠すなど手間はいるけど、退散してもらうきっかけにはなるのでは?

最後につらつら書いた事+αのまとめ。
・お隣のブースとの境界を守る
・イベント前後、両隣やお向かい、背後のブースの方に挨拶する
・作品は丁寧に扱う
・他のお客様の邪魔になるような長居は控える
・細かいお金の用意を忘れずに

思いつくのはこんなところですが、「当たり前じゃん」と言う事も多いですね。
案外、その場に行くとテンションが上がって忘れてしまう事もありそうです。
前後左右のブースへの挨拶は完全に出展者目線ですが、結構重要かなと思っています。
丸1日ないしは2日間お隣ないしはお向かいさんになるのは何かのご縁、作り手同士の交流につながるかもしれませんし。
つながりなんかいらない!と思う方も多いかもしれませんが、当日だけでも気持ちよく過ごすために大切だと思います。
万が一の時に助け合えるかもしれません。

偉そうにたらたら述べましたが私も参加する度に発見や反省する事があります。
イベント毎に成長できていると良いのですが。